大木の伐採方法~知っておきたい森林法や業者依頼について~

森林法に注意して伐採しよう~大木の伐採時に気をつけたい事~

伐採を行なうわけとは?

主に木材を調達するために伐採は行われています。木を切り倒して丸太にし、それをさらに加工して建築材や紙を作り出します。ただし一部の地域では、特定の樹木のスムーズな成長や山火事防止のため、不要な木を伐採をすることもあります。

剪定と伐採の違い

剪定とは枝を切り落とすこと

不必要な枝を放置しておくと、木の発育が阻害されてしまう恐れがあります。日当たりや風通しをよくするためにも不必要な枝をカットするケースがあり、その行為を剪定と呼んでいます。

幹を根本から切るのが伐採

伐採というのは、幹を根本から切ってしまう行為を指します。木自体を切り倒してしまうわけで、育成を手助けする剪定とはその目的からして大きく違っています。

大木の伐採方法~知っておきたい森林法や業者依頼について~

チェンソー

伐採を安全に行うために必要な道具

細い木を伐採するだけなら、ノコギリや斧があれば十分です。しかし、ある程度以上の大木となると、チェーンソーが必要になります。また、安全に切り倒すためには楔やロープも必要になるでしょう。木が倒れる方向を上手くコントロールできない限り、安全に伐採をすることは不可能だからです。

庭

伐採を行なう時の注意点

伐採を行うときには、まず自治体に届出をしなければいけません。これは森林法という法律で決まっているルールなので、遵守するよう気を付けましょう。違反をすると、罰金が課されることもあります。無秩序な伐採は森林破壊に繋がるので、こうした法律が作られているのです。

木

業者へ依頼する方法

業者へ電話をすると、伐採の依頼ができます。ホームページに連絡先も書かれているので、まずは相談から始めてみましょう。ただ、広大な森林の大規模伐採ともなると、小規模な植木屋では断られてしまうこともあります。作業の規模と事業者の規模の釣り合いが取れているかは要チェックです。

初めての人でもできる人気の伐採方法ランキング

家
no.1

チェーンソーでの伐採が主流

作業が短時間で済ませられるので、チェーンソーを使った伐採方法は人気です。チェーンソーは使用するのに免許も不要で、その意味でも初心者向きです。切り込みの入れ方にさえ注意しておけば、危険なこともありません。

no.2

ノミや楔を使う方法なら電力もいらない

電源がない場所で伐採をすることもあるでしょう。その際には、チェーンソーはあまり役に立ちません。ノミや楔を使って少しずつ木を傾けていく方法なら、電力は必要ありません。時間はかかりますが、作業場所を問うことがないのがメリットです。

no.3

斧を使う方法もまだまだ現役

昔ながらの斧を使う伐採方法も、まだまだ現役で使われています。斧も電力を必要としないので森の奥深くでは大活躍します。チェーンソーよりもさらに安全ですが、力が必要なので女性には扱いが難しいかもしれません。

no.4

細い木ならのこぎりでも十分

太さがそれほどない木を伐採するだけなら、家庭用ののこぎりでも十分です。のこぎりは扱いも難しくはありませんし、怪我をする心配も少ないです。のこぎりがないという家庭は少ないでしょうから、その意味でも初心者向きです。

no.5

重機を使って引き倒す方法も使える

田舎では、業者のように重機を使って大木を引き倒す人も少なくありません。重機がなくても、工夫をすれば車を使って大木を倒すことも可能です。この方法は力も必要ないので便利ですが、安全には十分に注意しなければいけません。