意外に難しい芝張りや草刈!~ノウハウがある業者に頼もう~

芝生を植えることで得られる効果

芝生を植えると、庭を美しく維持しやすくなります。雑草が生えにくくなるので、余計な手入れをする必要がなくなるのです。土の地面に比べると砂埃も立ちにくくなり、掃除の手間も省けます。子どもやペットの遊び場にも使えるため、メリットは多いです。

寒さに強い芝生ランキング

no.1

ベントグラス類

ベントグラス類は、気温の変化には比較的強いです。耐寒性だけではなく耐暑性も持ち合わせていて便利なのですが、病害虫には弱いという特徴があります。そのため、一般家庭ではあまり採用されることがありません。

no.2

ブルーグラス類

西洋芝の中でもメジャーなブルーグラス類は、耐寒性に優れています。また、日陰が多くなる場所に植えても枯れにくいという特徴を持っています。踏んでも傷みにくいため、世界中で愛用されています。

no.3

フェイク類

ゴルフ場にもよく使われているフェイク類は、乾燥や寒さに強いという特徴を持っています。ただ、寒さに強い一方で暑さには弱いため、植える場所には気をつける必要があります。

芝張りは業者依頼が便利

芝の調達は、素人には難しい作業となります。庭に合った芝を選ぶのにも知識が要るからです。しかも芝張り作業は、適当にしてしまうと失敗することが多いです。土の敷き方から経験が求められますし、雨水が溜まらないように適切に勾配を付ける作業も難易度は高めです。ノウハウがないなら、専門業者に依頼をするのがおすすめです。

芝張りを業者に依頼した人達の口コミ

雑草の処理までしてもらえて助かりました(29歳/男性)

雑草が生えている状態で依頼をしたのですが、快く引き受けていただけました。雑草の処理も迅速で、作業が終了するまでにも時間はそれほどかからず、本当に助かりました。美しい庭が手に入って満足しています。

追加費用の請求もありませんでした(66歳/男性)

最終的に必要になる費用の総額を、見積もりの段階で明示してもらえたのがありがたかったです。余計な出費があるかもしれないと覚悟はしていたのですが、見積もり時の料金のみで大丈夫でした。明瞭会計を前面に打ち出している業者さんは本当におすすめできます。

狭い庭でも大丈夫(41歳/女性)

庭が狭くてわざわざ業者さんに依頼をすることもないかと思っていたのですが、狭い庭でも問題ないと言ってくれるところがあったので、試しに依頼をしてみました。やはり狭いだけあって料金も格安で、結局は頼んでよかったかなと思っています。

物腰が柔らかくて相談しやすかったです(24歳/女性)

芝張り業者の方というのは職人気質が強くて怖いのかなと思っていたのですが、実際に来てくれた人は物腰が柔らかく、気軽に色々な相談をすることができました。要望も伝えやすかったですし、おかげで理想的な芝生が手に入りました。

アフターサポートも完璧(33歳/男性)

芝は張って終わりというものではありません。その後も適切な管理をしていかなければならないものです。素人の私はそのあたりのことが全く分からなかったのですが、業者さんはアフターサポートとして管理の方法までアドバイスしてくれて大助かりです。

草刈や芝張りをするなら芝の種類や業者の口コミをチェックしよう

庭

芝生の種類について

芝生には大きく分けて二つの種類があります。一つが天然芝で、もう一つが人工芝です。この二つはまったく違う特徴を持つものなので、使用する場所や目的によって使い分ける必要があります。また、天然芝にも日本芝や西洋芝というさらなる分類方法があり、人工芝にもショートパイル芝やロングパイル芝という分類方法があります。

人工芝の特徴

枯れることがないというのが、人工芝の一番の特徴です。天然芝のように土に活着させる必要もないので、敷いた瞬間から美しい景観を作り出してくれます。耐久性にも優れていて、スポーツをしても問題はありません。一年中美しい緑を維持できる点も、天然芝との大きな違いです。

定期的な手入れが必要

人工芝とは違って、天然芝は定期的に手入れをしなければならないものです。適切に散水することも大事ですが、芝が伸びてきたら刈り込みもしなければなりません。また、害虫が付かないように対策を講じる必要もあります。

草刈りを行なうのによい時期とは?

芝刈りは夏ごろに行うのがいいとされています。この時期が、最も勢い良く生長するからです。ただ、ベストタイミングは地域や芝の種類によっても変わります。必ずしも夏である必要性は薄いです。春先の暖かくなってきた時期から秋頃までなら、大きな問題は起こりにくいはずです。